「四季草花草虫図屏風」(蝶・蜻蛉)鈴木其一「春秋草木図屏風」

俵屋宗達「双犬図」※作品画像はすべて部分、細見美術館蔵

古典の日絵巻Picture scroll

「古典の日」からとっておきの情報や
こぼれ話などをお届けします。

古典の日絵巻 第十一巻:古典芸能干支絵巻
〜舞台で活躍する動物たち〜

犬猫もののテレビ番組に目を細めながら、劇場では化け猫や獅子の舞に心奪われる私。
鳥獣戯画絵巻から着想して、古典芸能で活躍する動物たち、毎月なので干支12種にちなんで連載します。鼠の妖術、菅公の牛、名画から抜けた虎、兎の飛団子、龍神の滝登り、お岩様は巳年の女、天馬の宙乗り、屠所の羊、靭猿、東天紅、八犬伝、五段目の猪と 能狂言 歌舞伎、文楽などからご案内いたします。

葛西 聖司

(かさい せいじ)

古典芸能解説者

NHKアナウンサーとしてテレビ、ラジオのさまざまな番組を担当した経験を生かし、現在は歌舞伎、文楽、能楽、舞踊など古典芸能の解説や講演、セミナーなどを全国で展開している。 日本の伝統文化の魅力を初心者にわかりやすく伝える。
日本演劇協会会員(評論)、早稲田大学公開講座、NHK文化センター、朝日カルチャーセンターなどの講師。
著書に、『教養として学んでおきたい能狂言』『同 歌舞伎』(ともにマイナビ新書)『名セリフの力』(展望社)『僕らの歌舞伎』(淡交社)、『文楽のツボ』(NHK出版)など多数。

1年間、葛西先生のエッセイに諫山さんの挿絵でお楽しみいただきます。

諫山 宝樹

(いさやま たまじゅ)

日本画家

大阪生まれ。京都在住。2003年、京都市立芸術大学日本画専攻卒業、2005年、同大学院保存修復専攻修了。
在学中より東映京都撮影所にて様々な時代劇の襖絵等の制作に携わり、2015年の独立後は主に京都にて寺社への奉納や定期的な作品公開、広告媒体への作品提供等活動の幅を拡げている。

2019年 連続テレビ小説『スカーレット』絵付・日本画指導
2022年 八坂神社 新年干支大絵馬 奉納
    正寿院 本堂襖絵21面 奉納
    金峯山寺 蔵王権現像『蒼』(紺紙金泥)奉納

その1

虎 寅 とら

 今年の干支は「寅」強い動物の象徴だが、とりわけ「五黄の寅」の年まわりで運気が強いとか。能に「龍虎」がある。「りょうこ」と読む。天を支配する龍と地上の覇者、虎の組み合わせ。「相搏(あいう)つ」という闘争の印象があるが、前シテ(シテ・主役)の穏やかな老人(木こり)が旅の僧に龍虎の争いを予言して去ってゆくと、仙人(アイ・狂言)があらわれ龍は日照りに雨を降らせ、虎は魔を祓ってくれると徳を讃える。すると両者が出現し、囃子が雷、嵐を表現、勇壮な闘いを見せる。勝ち負けを決するのではなく、それぞれの譲らぬパワーを示し、天地の王者の威徳を表す曲。三年続きの災厄を祓ってほしい。能のシテはひとり。虎がシテ、龍はシテツレである。

 「龍虎」の舞台は中国。我が国に虎はいない。人形浄瑠璃や歌舞伎の「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」には琵琶湖の畔に虎が出現する。名画の虎が襖絵から抜け出て、描いた絵師を助ける物語。しかし農民は畑を荒らすので困る。すると別の絵師が筆の力で消す。ふたつの奇跡は芸術の力の不思議を表現している。これが人気の芝居になったのは原作者、近松門左衛門の筆の力でもある。同じ近松は「国姓爺合戦(こくせんやかっせん)」という浄瑠璃でも虎を登場させる。父が中国、母が日本という混血の英雄、その名も「和藤内(わとうない)」「和」と「唐」の間の子という意味。実在した英雄、鄭成功(ていせいこう)だ。義理の妹を助けに老母と中国に渡る。竹林で虎に襲われ、素手で立ち向かい、なんと最後はペットのように手なづけてしまう。

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。
能「龍虎」
虎(右)は笹の技。龍は打杖(うちづえ)を手に持っています。

冠についている作り物の虎

 このくだりが花柳界のお座敷芸「とらとら」となる。屏風の両側に芸者と客。

 

唄の終わりで槍を持つ姿、杖を突く姿、四つん這い姿のどれかで前へ出る。槍(和藤内)は杖(母)に負けるが四つん這い(虎)には勝つ。逆に虎は母に勝つという じゃんけんと同じ三すくみゲーム。日本の芸能は奥深い。

 文楽では重い曲「摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)」玉手御前(たまてごぜん)はお家騒動から義理の息子、俊徳丸(しゅんとくまる)を守るため、邪恋に見せかけ毒酒で盲目にし相好も崩してしまう。元武士で出家した玉手の父は娘を許せず刀にかける。虫の息で吐露する真実。自分の生き血を飲ませると、俊徳丸の病が癒(い)え、元の貴公子の姿に戻る奇跡がおきる。玉手御前は寅年の女。寅の月日が重なる日の寅の刻(午前4時ころ)に生まれた。その生き血パワーを持つ義母の自己犠牲である。寅年のあなた指でも噛みますか?

 干支十二種の動物と伝統芸能をテーマに一年連載します。

 


※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

諫山さんが描く寅

『唐子寅図』

現在、諫山さんの展覧会が開催されております。
<日本画家 諫山 宝樹 展>
国宝仁王門大修理勧進 秘仏本尊特別ご開帳 同時開催
於 吉野山 金峯山寺蔵王堂奥殿本地堂
令和4年3月26日(土)~5月8日(日)
午前8時30分~午後4時