理事長挨拶


「新たな京都の創造に向けて」

 平素より格別の御支援・御協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

 当法人は、平成23年10月に公益財団法人へ移行しました。新生ビューローといたしましては、京都が「平安建都1300年」への歩みを力強く進めていくため、京都文化を広く世界に発信し、国際的な交流拠点としての魅力をより一層高め、活力あふれる新たな京都の創造に寄与することを目的に、京都の文化・芸術等を普及啓発する事業の推進と府内外へ情報を発信する「文化交流発信事業」と、コンベンション等の誘致及び賓客・海外観光客の招聘、入洛を促すための「国際観光コンベンション事業」の二つを公益目的事業の柱として取り組んでいるところであります。今後とも「京都」の発展に貢献して参りますので、引き続き皆様の御理解と御支援をお願いいたします。

平成25年4月1日

理事長/村田純一

公益財団法人 京都文化交流
コンベンションビューロー
理事長/
村田純一

組織概要

設立目的

文化芸術の普及向上と、国内外のコンベンション誘致および賓客等の入洛、加えて国際観光客の誘致を推進することにより、京都文化を広く世界に発信し、国際的な交流拠点としての京都の魅力をいっそう高めていくことを目的として設置。

主な事業内容

  1. 文化発信事業
    ~京都の文化・芸術の普及向上、及び国内外への発信に関する事業~
    • 法制化された「古典の日」(11月1日)の普及活動(推進フォーラム、各種イベントの開催)
    • 京都創生推進フォーラム事業(フォーラム、セミナーの開催)
    • 「世界の京都」、「建都1300年」への歩みを進めていくための調査研究
    • 京都迎賓館の支援事業(外国賓客のもてなし、参観支援、啓発関連事業)

  2. 国際観光プロモーション事業
    ~国際観光客の誘致推進、そのための広報宣伝に関する事業~
    • インバウンド事業(海外情報拠点運営事業、プロモーション事業、海外向けウェブサイトの運営など)

  3. コンベンション(MICE)サポート事業
    ~コンベンションの誘致推進、及び受入体制の整備促進に関する事業~
    • MICE事業(プロモーション事業、開催支援事業、広報宣伝事業)
    • MICE関連情報の調査・収集・検討

設立年月日

平成19年1月9日

理事長及び副理事長

理事長 村田 純一 京都商工会議所名誉会頭
副理事長 木下 博夫 公益財団法人国立京都国際会館館長
  千  宗室 茶道裏千家家元
  立石 義雄 京都商工会議所会頭
  岡田 憲和 京都市副市長
  山下 晃正 京都府副知事

»京都文化交流コンベンションビューロー2018年度役員名簿 (2018年7月更新) pdf (78kb)

»「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について(公表)pdf (12kb)

事務局

〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都商工会議所ビル 5階
TEL. 075-212-4110(代表) FAX.075-212-4121


プリント用ページへ

沿革

1982年(昭和57年) 「京都コンベンション推進協議会」発足
1983年(昭和58年) 「平安建都1200年記念事業推進協議会」発足
1985年(昭和60年) 「財団法人平安建都千二百年記念協会」設立
1990年(平成2年) 京都コンベンション推進協議会を「京都コンベンションビューロー」に改組
2006年(平成18年) 財団法人平安建都千二百年記念協会と京都コンベンションビューローを統合し、「京都文化交流コンベンションビューロー」を設立
2007年(平成19年) 「財団法人京都文化交流コンベンションビューロー」として設立
2011年(平成23年) 「公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー」へ移行

事業計画

平成30年度の事業計画について

 昨年は「古典の日の法律」制定5周年という節目の年を迎え、新たな企画に精力的に取り組み、大きな評価を得てきたところであり、MICE事業においては、COP3以来23年振りとなる大型の国連会議である、「国連犯罪防止・刑事司法会議」等の誘致に成功したところです。

 文化、観光双方の分野でこれまで培ってきた経験、ノウハウを生かしながら、従前の各種施策について更にブラッシュアップを図り、強みとなる基盤をしっかりと整えるとともに、新たな企画についても積極的に取り組んで行くこといたします。

 具体的には、平成30年度の事業計画については、次の5つの重点施策を中心として取り組んでいくこととします。

  1. 文化・観光クロスオーバーの推進
     本法人が推進する文化と観光、そしてこれらを融合、クロスオーバーした取組に更に注力していきます。
     京都新聞社との共催事業である「文遊回廊」事業は、京都新聞紙上に好評連載中ですが、シンポジウム等の開催等、より一層本事業の周知と内容の充実を図っていきます。
  2. MICE戦略の推進
     昨年9月の「世界神経学会議」は21億円の経済効果を創出したほか、レセプションや付帯イベントとして平安神宮や醍醐寺等のユニークベニューの活用や宇治市等の府域へのエクスカーション、地下鉄・市バス利用のコンベンションパス導入による環境負荷の低減など、経済効果をも凌ぐ様々な成果を挙げることができました。
     こうしたMICEの持つ優れた効果が京都において更に発揮されるよう、「国際博物館会議」(2019年)の京都側実行委員会事務局を京都府・市から受任することとし、「国連犯 罪防止・刑事司法会議」(2020年)についても、関係機関と充分に連携を図り、事前の準備に努めていきます。
  3. インバウンド業務移管と府内 DMO との連携強化
     京都市観光協会のDMO化に伴い、本法人のインバウンド業務を同協会へ移管しますが、サービスの低下を来さないことはもとより、より一層の連携による相乗効果をも高めるものにしていきます。
     また、「お茶の京都」などを核として、京都府域全般を視野におきながら、広域的なインバウンド事業となるよう、引き続き展開していきます。
  4. 京都迎賓館への支援
     一般公開の通年化に合わせて開始した迎賓館記念グッズの販売は、来館者の方から大変好評をいただいており、来館者の満足度向上と伝統産業品の振興に努めていきます。
     京都迎賓館シンポジウムについては、九州の拠点都市である、福岡市で開催します。
  5. 古典の日の推進
     昨年4月に文化庁地域文化創生本部が設立され、文化庁の本格移転に向けた取組が進められている中、「古典の日」事業が京都においても深化し、そして将来的により大きく国の事業として発展していくことを文化庁とともに目指していきます。
     また、新たにスタートした「古典の広場」に「平安文化力プラットフォーム」を設立し、文化と観光、そして伝統産業の面での活用を更に図っていきます。

文化交流発信事業(文化:公益目的事業)

1 古典の日推進事業

(1)「古典の日」普及啓発事業
  1. 古典の日フォーラム2018
  2. 古典の日朗読コンテスト
  3. 街かど古典カフェ
(2)情報発信・広報活動・関係団体との連携等

2 京都迎賓館支援事業

(1)外国賓客のもてなし
(2)参観支援・啓発関連
  1. 参観事業の支援
  2. 講演会など文化発信事業

3 京都創生推進フォーラム事業

  1. 「京都創生推進フォーラム(シンポジウム)」の開催
  2. 京都創生広報事業(ポスター作成等)

4 京都デジタルミュージアム「京都見聞録」活用事業

  1. 会議場・ホテル等集客施設での上映
  2. 会議主催者や団体等への貸出し

5 情報紙「四季彩京都」の発行



国際観光コンベンション事業 (国際:公益目的事業)

1 コンベンション(MICE)事業

(1)MICE関連情報の調査・収集・啓発
  1. 業界情報収集強化
  2. 大学・学術団体・学会へのコンベンション情報収集・啓発活動の強化
  3. 統計調査・発行
  4. MICE振興に関わる課題解決策の推進
  5. 「KYOTOスマートシティエキスポ」への事業協力等を含めた関西文化学術研究都市推進への参画
(2)プロモーション事業
  1. 内外ネットワーク(情報収集力)の強化
  2. 政府関連特定会議等の積極的な誘致
  3. 海外プロモーション活動
  4. 国内プロモーション活動 
  5. MICE主催者等の京都視察受入れ
  6. 京都市「大規模国際コンベンション誘致支援助成金」の活用
(3)開催支援事業
  1. 政府関連特定会議等の京都開催の運営協力
  2. MICE開催支援に係る京都市の助成制度活用
  3. 京都市「京都らしいMICE開催支援補助制度」の活用
  4. 京都府「京都府MICE開催支援補助制度」の活用
  5. オフサイト・レセプション等の企画・提案
  6. 各種開催支援サービス制度の運用及び拡充
(4)広報宣伝事業
  1. メールマガジン、ホームページによる京都 MICE 関連情報の発信
  2. 国内外のMICE専門誌等への情報提供、及び取材活動への支援
  3. 広報発表等を通じたMICE振興の意義や効果などの関係業界・府市民への啓発

2 国際観光プロモーション事業

(1)広域プロモーション事業
  1. 宇治茶プレミアムブランド化事業
  2. 各地域DMOとの連携によるインバウンドプロモーションの実施


その他の事業(公益目的事業)

1 ホームページの内容充実等

2 「京都文化交流コンベンションビューロー通信」の発行

3 関係団体との連携等



共益・収益事業

1 賛助会員制度の運営

(1)新規勧誘の促進
(2)会員に対する情報提供
(3)会員の集いの開催

2 「京都文化振興友の会」の運営

3 京都迎賓館記念品の販売