MENU

公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー
文化発信事業

シンポジウム情報

京都迎賓館に活かされた伝統技術や匠の技等を紹介するとともに、京都ならではのおもてなしの文化について広く発信するため、主要都市にて、当財団主催によるシンポジウムを開催しています。

【開催報告】

-満員御礼-
平成30年度 京都迎賓館シンポジウムを実施しました

去る9月1日(土)、同シンポジウムを初めての九州開催となる福岡県博多市内で実施したところ
抽選で選ばれた、500名の方々にお越しいただきました(総数992名の方から参加申込みを頂戴いたしました)。
当日は、芸舞妓さんによる舞踊披露に始まり、元迎賓館館長による講演、迎賓館の運営やもてなしの第一線で活躍されている各界の方々によるパネルディスカッションに加え、
一般参観では知ることができない秘話もあり、参加者は熱心に聴講されていました。
参加者アンケートでは、各コーナーともに約90%の方から、好意的なご意見を頂戴しました。
また、57%の方が「是非参観したい」、37%の方が「機会があれば参観したい」とのことで、京都迎賓館への強い関心をうかがうことができました。
しかしながら、この日のアンケートでは、九州地方での京都迎賓館の存在がまだ充分に知られていなかったこともわかりました。
同シンポジウムが、日本の伝統技能の粋を集めた最高のおもてなしの場としての「京都迎賓館」の意義、価値、その存在をお伝えできる貴重な機会となりました。

【過去のシンポジウムの様子】